FC2ブログ
2018
12.18

梅醤 が効きます

Category: その他
部活で慣れない筋トレをしてきて筋肉痛だというお兄ちゃん。
いつまでも節々が痛いというので、ひょっとして熱でもあるんじゃない?
なんて言って熱を計ってみたら‥はい、しっかり風邪ひいてました(>_<)

我が家では風邪の引き始めには、いつも 梅醤(うめしょう)です。
作り方は簡単。

20181218213431813.jpeg

まずは梅干しを手でほぐして、生姜、醤油とあわせます。
ちなみに我が家は梅干しと醤油は手作りです(^ ^)

窯八 のすり鉢に入れて擦ります。
このすり鉢もかれこれ7年ほど使っている便利もの。

201812182134321a0.jpeg

おとうさんがしっかりすってくれています。
そこに番茶を注げば出来上がりですが、簡単に白湯を入れても。

201812182134340cd.jpeg

アツアツの梅醤が、体に沁み入ります。
お兄ちゃんも結局、大事に至らず復活できました!

梅醤、ぜひお試しください⭐️


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
12.11

ワイン碗 ツアー 第4期生

Category: イベント
先週、「マイワイン碗を作ろう」第4期生のみなさまのツアーが始まりました。

「タビゼン」 須藤さん
「ドメーヌ オヤマダ」 小山田さん
時には他のメンバーたちと一緒に、数年かけて様々な形のツアーを開催してきました。
今回で15?16?回目の開催になります。

ワイン碗ツアーは
「器を作る」
「器を焼く」
「器で味わう」 …ワインをよりおいしく、より楽しむために!

というコンセプトで3回に渡り参加していただく内容となっている
ちょっとディープなツアーですが(笑) ←1回だけのご参加もOKです。
毎回、たくさんの方にワクワクしていただけているツアーだと思っています(^^)

OB、OGの方のご参加も多く、すでにお持ちの「マイワイン碗」
を持参していただくのも醍醐味のひとつとなっています。

ブログIMG_2808
当日発売の「ドメーヌ・オヤマダ 」BOW(白)のウェルカムドリンクでまずは皆様をお出迎え。
大人気でかなり希少なワインだそうで、みなさんとても嬉しそうでした(^^)
小山田さんによる、ワインを楽しむためのグラスや器使いのレクチャーがありました。

ワイン碗では、「甲州」の少し酸化気味なワインが特に美味しくいただけるそうです。

ブログIMG_2810
いよいよ、器作り。
みなさん楽しそう♪
前回は大きすぎて鉢になってしまいました…と言ってリベンジ参加される方も。

ブログIMG_2814

みなさん、お疲れ様でした☆

小山田さんから特別プレゼントがありました。
 ドメーヌオヤマダ×箕面ビール の 「 オヤマダベリーズ」

このツアーは基本、お酒が大好きな方々が、よりお酒(ワインを中心とした)を楽しむための会、
ですので、皆さん大いに喜ばれたことはいうまでもありません(^^)

この後場所を変えて、夜の部に入ります。
ツアーの皆様が心待ちにしていらっしゃる小山田さんのワインを堪能できる時間となったことと思います。
詳しくは→ 「タビゼン」をご覧ください。

次は今回作っていただいた器を焼く、というツアーになります。
薪窯で実際に薪をくべていただく体験になります。
タビゼンさんのツアーでしかできない体験ですので、OB、OGの方々は特に
この窯焚きの回をとても楽しみにしてくださっているようです。

次回のツアーは2月半ばの予定です。
ということは、窯焚きまであと2か月。
いろいろ、がんばります。

Comment:0  Trackback:0
2018
11.25

薪割りの季節です

冬を感じさせる寒さとなりました。
空気もカラカラで…
窯八とうさんには有難い 「薪割り」 の季節到来です。

ブログ20181114_085632
沢山の赤松が伐採されている現場から声をかけていただき、
チェーンソーやら道具一式を担いでお隣の長野県へ出かけてきました。

ブログ20181115_095317
丸太を次々に軽トラに積み込み、窯場へ運びました。
無駄なく大切に、赤松を使いたいと思います。

ブログIMG_2775
窯場にて。
連日薪割りを続ける窯八とうさん。
…割っても割っても、なかなか減らない丸太の山。
もちろん有難いことなんですが、しかし、腰の負担はハンパないです(>_<)

これから冬にかけての冷たく、キビシイ乾燥した風に、しっかりと乾かしてもらうために
まだあと数日は薪割りの音が響きます。(といっても、斧で割る風情のある響きではありませんが)

薪割りの音と木の香り。
乾いた空気に遠くの山並み。
青い空。
気持ちよい、冬の初めです(^^)







Comment:0  Trackback:0
2018
11.16

カフェにて シュガーポット

すっかり寒くなりました。
工房の薪ストーブ、自宅のペチカともに火が入り
薪のはぜる音や香り、屋根からもくもくろ煙のあがる風景など
寒い季節ならではのぬくもりを心地よく楽しんでいます。

久しぶりに近くの仲良しなカフェに立ち寄った際、
窯八のシュガーポットがあたたかみをもって
コーヒーのお伴をさせてもらっていました(^^)

ブログIMG_2743
自然味豊かな大人気のカフェ 「 DECO BOTANICAL」  にて。
手前の茶色いふたものをシュガーポットに使っていただいています。

ブログIMG_2745
バターとあんこが絶妙に美味しい♪

窯八の皿ですが、少しゆがんで焼けちゃった、と思われたものでしたが、
このお店ではいい感じに調和していて、オーナーさんのセンスに成程、でした(^^)

こちらはお馴染み「カフェ くじらぐも」 にて。
ブログIMG_2748
窯八お茶のセット風 ~  な感じ。

カフェくじらぐもでは、ら2019年も4月の半ばから展示会をしていただく予定です。
「くじらぐもカップを作ろう」 の体験も検討中です(^^)
またご案内させていただきます。


ゆっくりとお茶を楽しむような季節の到来。
温かくして、 体調には気を付けていきたいですね。

Comment:0  Trackback:0
2018
10.30

朝ごはんコンテスト 結果

Category: 家族
だいぶ前にことになってしまいましたが…
次男くんが決勝進出をはたした「朝ごはんコンテスト」 ですが、
結果は
「最優秀賞」に選んでいただきました。

ブログIMG_2681

当日は小学校の運動会と重なり、先生のご配慮で出る順番を変えるなどしていただき
自分の競技が終わったその足で、汗だくのまま車で私服に着替えてコンテスト会場へ。
審査員がずらりと並ぶ中、大きなストップウォッチとにらめっこで、緊張の表情だった次男くん。
まわりは全員女子だったこともあり、かなりかたまっていました(笑)。

出来上がった料理はしっかり、おとうさんの器に盛り付けました。

まさかの最優秀賞で、本当にびっくりしましたが、
賞金などもいただき、にこにこの次男くんでした。
(小学生の応募は10名くらいだったようですが…(^^) 

せっかくいただいた賞金なので、好きなものを買いに!
さっそく握りしめて、東京は上野の「アメ横」へ。
ブログIMG_2686

実は「レザーマン」というブランドのナイフが、次男くんはずっとほしかったのですが、
なんならネットで簡単に手に入る世の中。
彼もネットで買いたいと言っていたのですが、とってもほしいものを手に入れるのに
こんな小さな頃から実物に触れることもなく買ってしまうようでは、なんだかつまらない。
本物を手にして感じる重さやきらめきを感じて、心にときめくような瞬間を楽しんでほしいと思い、
絶対に買いに行こうと話していました。

そこに、自分で手にした賞金を握りしめて向かうなんて、素晴らしい体験になったことと思います。

この後は、東京のおばあちゃんと一緒に食事をしたりなど
とっても楽しい一日でした。

レシピなどこちらで検索できます。→ 「朝ごはんコンテスト 受賞者レシピ




Comment:2  Trackback:0
back-to-top