FC2ブログ
2021
06.19

結婚記念日に

Category: 家族
先日、結婚20年目を迎えました。
リニューアルオープンされたばかりの、とっておきのイタリアン
 「qui クッチーナイタリアーナ」 さんで食事とおもてなしを堪能してきました。

こちらのお店では、ウチの器もたくさんお使いいただいています。

20210619113306433.jpeg

この前菜が出てきた時はいきなりワオ〜✨✨でした!
先日お求めいただいたぐい呑みの合わせ方も絶妙すぎました。
ウチの器が、美味しそうなお料理と盛り付けの妙によってこんなにも輝いてくれるんだな〜って
本当にシェフのマジックを感じました。文字通り、シェフも、
「窯八さんに早く新しい店に来ていただいて、器の魔法を感じていただきたかった」と
仰っておられましたが‥いえいえ魔法なのは器ではなくてシェフのお力です👨‍🍳!

20210619125906dc8.jpeg


2021061911330382f.jpeg

このパスタ鉢はシェフからの特注で作らせていただきました。

20210619113309d8f.jpeg

結婚20年おめでとうございます㊗️のプレート! 花火でもお祝い!!
お気遣いありがとうございます😭😭

もっともっと美味しいお料理と器のお写真をお見せしたいところですが、
機会がありましたら是非お店へ足をお運びいただきたいので控えておきます笑。

202106191148153cd.jpeg

20年前には、器がこんな風に魔法にかけていただけるなんて
想像もしていませんでした。
長いようで、やっぱり長かった20年間でしたが 笑
これからも精進していきたいと思っています!


スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2021
06.06

お打合せ…にまつわるetc.

Category: その他
先日、器のお打合せで工房にお客様をお迎えしました。

202106061134541c7.jpeg


以下、少し長くなるかもしれませんが
妻のワタシ側の、お打合せにまつわるエトセトラです。

ワタシは大学卒業の後、当時から大好きだった焼き物の会社に無事就職。
ですが、配属先は同じ「焼き物」でも、なんと「タイル」の部門でした!

隣の食器部門の先輩方の仕事をちょっぴり横目に羨ましさも感じつつ
それからは建築士の資格を取得したりしながら、建築の世界で学びの日々でした。

食器が好きで入った会社でしたが、食器を扱うことはなく、
結婚した主人(今のおとうさんです)が山梨にいたことから退職して東京から山梨へ移住。
陶芸家の主人と結婚したことで、細々と、器を扱う暮らしが始まりました。

器を販売することを暮らしの軸にしていくことができるのは、もっとずっと後で、
はじめのころは本当に何もわからず、お皿の値段をいくらにしてよいのかさえ、わからない
若さだけが頼り?の、子育てにもバタバタな生活でした。

すこしずつ、本当にすこしずつ、窯八の器がいろいろな方に使っていただけるようになり、
ここ数年ではレストランさんなど多くの飲食店さんにお声がけいただけるようになりました。


ここで、写真にあったお打合せのお話しできるのですが 笑!
お打合せに来てくださったのは、当時食器部門だった先輩です。
今は別の会社でテーブルウェアを広く扱っていらっしゃるということで、
プロジェクトをすすめているホテル等でウチの器を使えたらと言って視察に来てくださいました。
しょっちゅう飲みに連れて行ってもらっていた飲み先輩です!

退職して20年近くが経ちますが、
当時叶わなかった食器の仕事を、
たぶん、もっとずっと、自分らしく叶えられていることが
とても嬉しいことだなと改めて思いました。

仕事的にはどのような展開になるかわかりませんが、
ご縁に感謝です✨✨



Comment:0  Trackback:0
2021
05.21

ホームページが新しくなりました

Category: その他
1月末に、それまで使ってきたHPが閲覧できなくなってから
ご迷惑をおかけしておりましたが、ようやく、新しく公開させていただいています。

 ⇒ 陶房窯八ホームページ

202105211409565ad.jpeg

以前よりもお皿の種類が増えたかと思います。

薪窯で焼いた 「焼き締めの器」 ばかりだった頃のラインナップに比べると、
灯油窯を使って焼くことで、色幅のバリエーションがとても増えたので、
自然と、器の種類も増えてきました。

HPには載せていませんが、
日常使いのカップや花入れ、酒器、それに耐熱容器など、
実際にはまだまだかなりのラインナップが揃っています!

常に試行錯誤を繰り返し、新しい器作りにチャレンジすると共に、
意外と人気がなかったり、使いにくかったりして姿を消していった器も多数…

今年も基本はSTAYHOMEですので、
よりよい器が焼きあがるよう、少しずつでも精進していきたいです!





Comment:0  Trackback:0
2021
05.11

クラフトフェアのこと、など

窯出しをしました、という投稿から1ヶ月も経ってしまいました!
ざっと近況をお伝えさせていただきます(^^)

この1カ月の間は‥沢山の器を、
多くの方々へお送りさせていただいていました。
納品先などインスタ是非ご覧ください!  → Instagram

その傍ら、次の準備に向けてもがんばらなくては、と鼻息荒く
制作を進めていたのですが、
楽しみにしていたクラフトフェア松本が今年も中止というお知らせも届きました。
中止のお知らせをくださったスタッフの方の、語るべき言葉が見つからない、という一文に
むしろここまで準備してくださったことに感謝している次第です。
あの高揚感の中で集える喜び、と楽しみ。
また多くの方と一緒に味わえるように、器つくりに励む時間にしたいと思っています。

このところずっとずっと忙しくしてきたので、
少し息抜きもしよう!とおとうさんに言っています。
ちょうど久しぶりに家族4人+テン(犬)が揃ったので庭でBBQを楽しみました。
20210511172841346.jpeg


いちばんの夫婦の息抜きだった、もう10年くらいそんな生活をしてきた、
息子たちの応援が出来ないことがツライですが…ただ、昨年のことを思えば
子供たちが活動(長男 ハンドボール、次男 サッカー)できるだけでも有難いと思って、
先生や仲間が撮ってくれているビデオ観戦をつまみに、「ナイスシュート~!」とか
家呑み楽しんでいます 笑。

Comment:0  Trackback:0
2021
04.09

今後の予定など

窯出しをしました。

今回は色々な方面の方から、色々な種類のご注文をいただいていたので
いつもと違うアイテムなどもあり、見応えのある窯出しとなりました。

thumbnail_IMG_4224.jpg
こちらはいつもの、プレート。
まだ灰をかぶっている装いは、いつもながら神秘的です。

thumbnail_IMG_4223.jpg
ふたもの。
…ですが、蓋に割れが入ってしまいました。
でも修理すると、それもまた違った味わいとなります。

thumbnail_IMG_4229.jpg
隣り合わせで焼いても、こんなに表情豊かな焼き上がりを見せてくれる器たち。
ひとつひとつ…愛着が湧いてくるようです。

ウチの薪の窯焚きは、本当に原始的で、とても単純なものです。
あまり手をかけすぎないで、いろんな自然の可能性を引き出せるような
焚き方を目指しているのだそう。

それは不安定さだったり、リスクなどもあるということで…

時に、注文の器が焼きあがらなかったり、
時に、イメージと全然違う焼き色になったり、

以前はそんな窯の性質に戸惑ったこともありました。
ですが、それだからこそ生み出される 「面白味」 こそが窯八の器の面白さだと思うこの頃。
自然のもたらす偶然性あってこその出会いを求めて、
次の窯焚きへの準備が、また始まります!

5月の最終土日には昨年中止となったクラフトフェアまつもとへの出展も決まっています。
とても久しぶりのイベント参加となります。

ぜひ遊びにお出かけください。





Comment:0  Trackback:0
back-to-top