FC2ブログ
2021
06.06

お打合せ…にまつわるetc.

Category: その他
先日、器のお打合せで工房にお客様をお迎えしました。

202106061134541c7.jpeg


以下、少し長くなるかもしれませんが
妻のワタシ側の、お打合せにまつわるエトセトラです。

ワタシは大学卒業の後、当時から大好きだった焼き物の会社に無事就職。
ですが、配属先は同じ「焼き物」でも、なんと「タイル」の部門でした!

隣の食器部門の先輩方の仕事をちょっぴり横目に羨ましさも感じつつ
それからは建築士の資格を取得したりしながら、建築の世界で学びの日々でした。

食器が好きで入った会社でしたが、食器を扱うことはなく、
結婚した主人(今のおとうさんです)が山梨にいたことから退職して東京から山梨へ移住。
陶芸家の主人と結婚したことで、細々と、器を扱う暮らしが始まりました。

器を販売することを暮らしの軸にしていくことができるのは、もっとずっと後で、
はじめのころは本当に何もわからず、お皿の値段をいくらにしてよいのかさえ、わからない
若さだけが頼り?の、子育てにもバタバタな生活でした。

すこしずつ、本当にすこしずつ、窯八の器がいろいろな方に使っていただけるようになり、
ここ数年ではレストランさんなど多くの飲食店さんにお声がけいただけるようになりました。


ここで、写真にあったお打合せのお話しできるのですが 笑!
お打合せに来てくださったのは、当時食器部門だった先輩です。
今は別の会社でテーブルウェアを広く扱っていらっしゃるということで、
プロジェクトをすすめているホテル等でウチの器を使えたらと言って視察に来てくださいました。
しょっちゅう飲みに連れて行ってもらっていた飲み先輩です!

退職して20年近くが経ちますが、
当時叶わなかった食器の仕事を、
たぶん、もっとずっと、自分らしく叶えられていることが
とても嬉しいことだなと改めて思いました。

仕事的にはどのような展開になるかわかりませんが、
ご縁に感謝です✨✨



スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2021
05.21

ホームページが新しくなりました

Category: その他
1月末に、それまで使ってきたHPが閲覧できなくなってから
ご迷惑をおかけしておりましたが、ようやく、新しく公開させていただいています。

 ⇒ 陶房窯八ホームページ

202105211409565ad.jpeg

以前よりもお皿の種類が増えたかと思います。

薪窯で焼いた 「焼き締めの器」 ばかりだった頃のラインナップに比べると、
灯油窯を使って焼くことで、色幅のバリエーションがとても増えたので、
自然と、器の種類も増えてきました。

HPには載せていませんが、
日常使いのカップや花入れ、酒器、それに耐熱容器など、
実際にはまだまだかなりのラインナップが揃っています!

常に試行錯誤を繰り返し、新しい器作りにチャレンジすると共に、
意外と人気がなかったり、使いにくかったりして姿を消していった器も多数…

今年も基本はSTAYHOMEですので、
よりよい器が焼きあがるよう、少しずつでも精進していきたいです!





Comment:0  Trackback:0
2021
01.17

今年、いきなり…

Category: その他
今年が始まり、まだ半月ですが
我が家はちょいちょいと、「いきなり…!」 の予期せぬことが
続いています。

電気の球が切れたり、
わんこ(犬)のリードが切れたり 笑 ささやかなことですが…

当たり前にできていたことが突然、当たり前でなくなること…
2020年にもコロナ禍においては、沢山のそんなことを目の当たりにしてきました。
そういうことにも慣れて、柔軟に対応する力もついてきたような気がします。

このタイミングで、かれこれ15年以上に渡り続けてきた窯八ホームページですが、
ブロバイダーの関係で1月28日をもって終了という連絡がきました。
(もっと早い告知があったと思うのですが、完全に見逃していてほんの数日前に知りました)
ホームページを閲覧できなくなるということで、ショックとそして大変に残念ではありますが…いたし方ありません。
つたないページ作りではありましたが、それでも訪ねてきてくださった方々には
大変に感謝しております。
長きにわたり、どうもありがとうございました!!

thumbnail_IMG_4394.png
窯八HPのトップページ> ※こちらのURLは 1月28日までの閲覧となります

ということで、心機一転
新しいホームページを知人に制作してもらうこととなりました。

たかがホームページですが、長年試行錯誤しながら自分で作ってきたものを手放し、
他の人に作っていただくというのは実はとても抵抗のある事でしたが…
せっかく 「使えなくなる」 という機会なので、自分のページを別のやり方で続けようということに固執せず、
もっと素敵でお客様にとっても見やすいページ作りができればと思い、新しいチャンスとして、お願いすることにしました。

窯八に新しい風。
どうぞ楽しみにしていてください。


Comment:0  Trackback:0
2021
01.06

あけましておめでとうございます

Category: その他
2020は本当に慌ただしく過ぎましたので、
今年のお正月は手抜き&ダラダラする!を家族に宣言していましたが…
宣言通り、そうとうダラダラさせてもらいました。

thumbnail_IMG_3664.jpg
お雑煮だけは…どうにも美味しくいただきたいものです(^^)
鶏肉をグリルし、こんがり焼いたお餅の上にしっかりひいた出汁を注ぎ
なるとと三つ葉とゆずで香りづけ。
やれやれ、なんとかなりました。

今年もなにがどうなるかわからない世の中ですが、
できることをコツコツと紡いでいくことで、
見て下さる方々と…励まし合えたらと思っています。
よろしくお願い申し上げます!


さて早速ですが、昨年末28日より
柳生博さんの「八ヶ岳倶楽部」にてお正月展に参加させていただいております。
ガラス作家さんや、デザイン工房さんとの展示会は穏やかな空気が流れています。
会期を少し延長して1月11日(月・祝)までの予定です。
9日(土)の午後にはおとうさんも在廊予定です。
thumbnail_IMG_3680.jpg  thumbnail_IMG_3681.jpg

野鳥の声が響くような静かな森の中での展示会ですが、
コロナウィルス対策は万全に行っております。
よろしければお出かけいただければと思います。


Comment:0  Trackback:0
2020
11.25

ラジオの取材より

Category: その他
地元ラジオ局 FM FUJIのディレクター さんが
 「ワイン碗」 の取材に来てくださいました。

ラジオや雑誌等で取材していただくことは何度かありましたが、
いただく質問の切り口がなかなか哲学的で、ワタシ(妻です)も興味深く聞かせてもらいました。

thumbnail_IMG_3286.jpg

以下、一部抜粋です。

Q.器に込めていることは?
「むしろ込めすぎないようにしています。
器をえらぶ人、使う人…手の大きさから感じ方までそれぞれなので
 あまり限定したり、思いを押し付けたりしないほうがいいかなと。
 サイズや作りのことなどは細かくこだわりすぎず幅をもたせることで
 逆に自分も枠にとらわれない物をつくりにつながるような気がします。」

Q.(器が)割れるということについて、思うことはありますか?
「割れるということに対して少しでも丈夫で割れにくいものを目指して生産していくという方向で現代の工業製品が生まれてきたという背景があると思います。
 ですが、お茶の世界などにもあることですが、割れるということも、器の成長のひとつとしてとらえて、金継ぎをして再び生まれ変わったり、割れた風景を見立てとして別なものとして楽しんだり、そういう器のひとつの過程であり、形だと…思います。」

いままで聞かれた事がなかったけれど、
あえて口にしてみるそんなことを考えて制作に携わっているという感じなんですね。

FM FUJI でのオンエアは
12月1日(火) 14時半~
だそうです。どんな風に編集されていることでしょう!

 
Comment:0  Trackback:0
back-to-top