2017
02.09

窯出し、終了です

雪の窯出しとなりました。

ブログIMG_0017

焼きあがりは…
沢山注文をいただいているサイズ違いの皿、カップ、塩壺などや
それと、先日ツアーでお越しいただいたお客様の作品群 など
よく焼けているものが多く、とりあえず一安心。

思いがけず焼きのよかったものや、
期待していたのにイマイチだったものなどなど
おとうさんはとりあえず、おおきな溜息をひとつついていましたが(笑)
後は、ひとつずつ手に取りながらあれこれ、
おとうさんとワタシとで窯八会議を開くことになります。

3月に地元酒蔵での「蔵開き展」にあわせて、
焼きあがったばかりの酒器をピックアップしてみました。
ブログIMG_0009
久しぶりに、焼き色の柔らかな、薄い飲み口のぐいのみを焼きました。

ブログIMG_0005
こちらも薄い飲み口のぐいのみ。焼き色はしっかりめ。

ブログIMG_0012
こちらも久ぶり。粉引きの片口とぐいのみ。
熱燗で一杯。あたたまりそうです。

ブログIMG_0013
がっちり窯変のぐいのみ。
おとうさんは焼かないつもりだった?あまり気に入っていない形だったようですが、
焼けてみたら面白い雰囲気になりました。

ブログIMG_0014
これは?
薬味入れ??
そうではなくて、土のテストだそうです。
いろいろな土と、窯との可能性をまだまだ模索し続けるおとうさんです。

今夜は、焼きあがったばかりのぐいのみで一杯、でしょうか。
お疲れ様でした(^^)



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
02.01

窯焚き、寒いです

窯焚きが、予定通り始まりました。
そして予定通り、2月の寒さです。

さて今回の窯焚きには、先日タビゼンさんの「ワイン碗を作ろう」のツアーに
参加いただいたみなさんの作品も、一緒に窯に入っています。
ブログthumbnail_IMG_1034[1]
窯詰めの写真に見えている、上から二段目、三段目の作品がそうです。
創作意欲にあふれる、もの作りの原点である「楽しく」、作られた皆さんの作品群。

そしてツアーの皆さんには、窯焚きも体験していただくことになっています!
一番温度帯の上がったあたりにお越しいただき、ご自分たちの手で薪を
くべていただきます。
ブログthumbnail_IMG_7256[1]
先日のツアーに参加されたみなさん。 お待ちしていますね(^^)

以下、おとうさんからのメッセージです。

焼き物は、名前の通り「焼くこと」によってうまれます。
今回のツアーでは、先日みなさんが自由にひねった(作った)土が
「焼き物」へと変化していく姿を
体感していただけたらと思います。



今朝の8時ころ。
ブログthumbnail_IMG_1045[2]

温度帯がまだ低いので、あたりの空気もまだまだ寒く
本当にキツイなーと、ワタシは感じてしまいます。
(おとうさんはまた、違う気持ちかもしれませんが)

なんでこんな寒いのに外で一日中窯なんて焚いているのかなー!もー!!
(これもワタシの気持ち。おとうさんはきっと、違う 笑)

でもこれで案外、そんな過酷?な環境で炎と過ごす時間の流れの中で
感じる色々なことは、情のあるものだったりします。
今日は子供も学校が早帰りなので、
ぜひ火を見に来てもらいたいと思っています。

では、ここからワタシの窯焚き当番です。
おとうさんには熱いお風呂と旨いお酒、(そして仮眠)を楽しんでもらっている間、
しっかり窯焚きしてきます。




Comment:2  Trackback:0
2017
01.26

窯焚き、近いです

寒い毎日が続きます。
今朝はこのあたりでもマイナス10度近かったようで、
今年一番の寒い朝となりました。

窯焚き直前。
おとうさんは連日工房に泊まり込みで
追い込み制作を続けています。

ブログthumbnail_IMG_1030[1]

空気はカラカラ。薪もカラカラ。
ブログthumbnail_IMG_1027[2]

静けさがいっそう、きわだつようなこの季節らしい冷たい空気。
それゆえの冬晴れと空っ風が、薪をいい具合に乾燥させてくれています。
薪が良い状態にあるので、それだけでかなり気持ちが楽になります。

前に降った雪がまだとけていないのが寒々しい…。

そう、寒くて、もちろん大変ですが。

今年もさっそく沢山の注文をいただいていたり、
展示会やイベントの予定もいろいろ控えています。
よりよい器を焼き上げられるよう、気持ちを込めて
制作、窯焚きと頑張りたいと思っています。

でも、窯焚きの時にはもうちょっと、寒気がゆるんでくれることを期待して☆



Comment:0  Trackback:0
2016
10.16

窯焚き、終わりました

窯焚き、無事に終わりました。

窯焚きは、なかな順調でした。
窯焚き前の雨続きで器が乾きにくかったことや、おとうさんがの睡眠不足など
心配もありましたが…
とにかく無事、終わりました。

最終日。
1170℃あたりで、いくつかの器を引き出しました。
窯から引き出し急冷させることで、独特な色合いがでます。
ブログIMG_0033

ブログIMG_0058

ブログIMG_0020

ブログIMG_0023

ブログIMG_0025

窯変(ようへん)と呼ばれる独特の風合い。
土と、灰(薪が燃えて)とが、まじりあって、とけあうことでうまれる、
ガラスの質感や色合いに変化が生まれるって、素敵な光景です。

他のたくさんの器は、まだ窯の中で、じっくり温度を下げています。
窯出しは週半ばの予定。

窯出しすぐの、今週末にはすぐイベントが控えていますので、
またご案内します。
それまでは、少しゆっくり過ごせるといいと思います(^^)






Comment:0  Trackback:0
2016
10.11

窯焚き、始まりました

先週金曜あたりからから数日かけての窯詰め。
週末 には子供の野球やサッカーの応援にも行きたかったおとうさん、
昼夜問わず作って、詰めて、合間にちょこっと仮眠、の数日が続きました。

サッカーに行く前、ちょこっとのぞきにきた次男くん。
ブログthumbnail_IMG_0820[1]

窯焚き前のおとうさんは、隣の仕事場にいるとは言え、
ここ一ヶ月くらいは家にいる時間が少なく、
なんとなく緊張感がただようのか、
子供たちも何となくそわそわしたような、落ち着かない様子にもなったりします。
先生に怒られることが増えたりとか。

できるだけ子供に関われるようにも頑張ってるおとうさんですが、
子供がおとうさんに求めているものが大きいんですね、きっと。

ブログthumbnail_IMG_0830[1]

昨夜、窯に火が入りました。
しばらくは、あぶりがつづきます。
ここまでくれば、あと一息!

窯焚きが終わったら何しようか、話したりしながら
炎を見つめ、薪をくべています。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top