FC2ブログ
2018
11.25

薪割りの季節です

冬を感じさせる寒さとなりました。
空気もカラカラで…
窯八とうさんには有難い 「薪割り」 の季節到来です。

ブログ20181114_085632
沢山の赤松が伐採されている現場から声をかけていただき、
チェーンソーやら道具一式を担いでお隣の長野県へ出かけてきました。

ブログ20181115_095317
丸太を次々に軽トラに積み込み、窯場へ運びました。
無駄なく大切に、赤松を使いたいと思います。

ブログIMG_2775
窯場にて。
連日薪割りを続ける窯八とうさん。
…割っても割っても、なかなか減らない丸太の山。
もちろん有難いことなんですが、しかし、腰の負担はハンパないです(>_<)

これから冬にかけての冷たく、キビシイ乾燥した風に、しっかりと乾かしてもらうために
まだあと数日は薪割りの音が響きます。(といっても、斧で割る風情のある響きではありませんが)

薪割りの音と木の香り。
乾いた空気に遠くの山並み。
青い空。
気持ちよい、冬の初めです(^^)







スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
11.16

カフェにて シュガーポット

すっかり寒くなりました。
工房の薪ストーブ、自宅のペチカともに火が入り
薪のはぜる音や香り、屋根からもくもくろ煙のあがる風景など
寒い季節ならではのぬくもりを心地よく楽しんでいます。

久しぶりに近くの仲良しなカフェに立ち寄った際、
窯八のシュガーポットがあたたかみをもって
コーヒーのお伴をさせてもらっていました(^^)

ブログIMG_2743
自然味豊かな大人気のカフェ 「 DECO BOTANICAL」  にて。
手前の茶色いふたものをシュガーポットに使っていただいています。

ブログIMG_2745
バターとあんこが絶妙に美味しい♪

窯八の皿ですが、少しゆがんで焼けちゃった、と思われたものでしたが、
このお店ではいい感じに調和していて、オーナーさんのセンスに成程、でした(^^)

こちらはお馴染み「カフェ くじらぐも」 にて。
ブログIMG_2748
窯八お茶のセット風 ~  な感じ。

カフェくじらぐもでは、ら2019年も4月の半ばから展示会をしていただく予定です。
「くじらぐもカップを作ろう」 の体験も検討中です(^^)
またご案内させていただきます。


ゆっくりとお茶を楽しむような季節の到来。
温かくして、 体調には気を付けていきたいですね。

Comment:0  Trackback:0
2018
10.24

窯出し~ 台ケ原宿市

先週窯出しをして、その勢いのまま三日間、台ケ原宿市へ出店してきました。

まずは窯出し。
窯を開けてからはじめに見えてくるのは火前で焼かれた器。
主に酒器ですが、たくさんの炎につつまれ、
灰と一緒にここまで耐えてくれた、有難い光景です。

ブログIMG_2725


そのあとは、いろいろな器。

ブログIMG_2729

ブログIMG_2732

今回は総じて、よい焼きの器が多かったので、
たくさんのお客様に喜んでいただけると嬉しいなとの思いで台ケ原へ…


凄かったー!

の一言の三日間でした。
お店の数も、内容も、そしてお客様の数も…  すべてにまだまだ勢いのある
本当に稀有なイベントではないかと思います。

窯八にとっても、年に一度ここでだけお会いできるお客様がいらっしゃるのも楽しみですし、
新しいお客様と初めましてのご挨拶をさせていただけるのも嬉しい。
窯八の器が好きなんですー、なんて言っていただけると本当に励みになります。

ブログIMG_2737

来年、ここでまたお会いしたいです(^^)
おつかれさまでした。
そしてありがとうございました。


Comment:0  Trackback:0
2018
09.30

ヘアゴム 制作中 

10月半ばに窯焚きを控え、おとうさんが日々制作中であることは
言うまでもありませんが、妻であるワタシも、数十年ぶりに制作中だったりします。

ブログIMG_2619

学生時代はおとうさんと一緒の陶芸サークルで、たまには作っていましたが(笑)
卒業してからほぼほぼ…作りたいと思うことはありませんでした。

粘土を触ることも、練ることも、もちろん作ることも興味がなくなり
それよりも、出来上がったものを見たり触ったり、並べたり使ったり…することを
楽しんできました。
(ほしいのを、おとうさんに頼んで作ってもらったり 笑)


ブログMG_2620

「タタラ」 と呼ばれる皿を作る技法で小さな板状の粘土に厚さを均等にスライスしていきます。
さんざ、おとうさんの作業風景は見て来ていますが、実際に久しぶりにやってみると難しい。

ブログIMG_2633

型抜きを使い、形をつくったら、いつも見ている「白い粘土」 を塗っていきます。


ブログthumbnail_IMG_0608[1]
<参考> 白い皿シリーズ  1,200円 ~ 7,000円

この作業工程は、おとうさんの皿作りとほぼ同じ。 ↑
おとうさんのは、もっとずっと見えないところに手をかけているのですが、
ワタシはざっくり感をいかした風合いということで…

「ブロカント(古道具) 風 ヘアゴム」

ほんの少し制作をしただけですが、なかなか楽しいですね。
ぽつぽつ、お買い上げもいただいているヘアゴムなので、
もう少し広げられたらな~と考えています(^^)

ブログIMG_2635

窯焚きに向けて、所せましの工房です。
今度の窯焚きは、注文もたくさんいただいておりますが、
なんといっても地元の一大イベント「台ケ原宿市」が控えています。
器を通じて、今年も沢山のお客様との出会いが楽しみです。

天気が安定せず、落ち着かない今年の秋ですが、体調に気を付けて過ごしたいものです。
お兄ちゃんは 「秋バテ」 だそうですが…"(-""-)"



Comment:0  Trackback:0
2018
09.01

窯八の新作…?

ようやく朝晩が涼しくなってきたものの、
夏の疲れがとれない窯八とうさん&ワタシです…
皆さま、体調などいかがでしょうか。

さて、夏の間にちょっと珍しい新作が誕生したのでご案内です。

IブログMG_2534

ヘアゴム (笑) です。

質感は、いつもの器とまるきり同じ。
薪窯で丸4日間焼かれた、正真正銘「焼き締め」 の器です。
意外と軽くて、髪につけるとブロカント風?でなかなか可愛いです。

価格は900円。
今後はイヤリングやネックレスなどすこ~し、展開していけたらと思っています。
マルシェなどイベントで、気軽に手に取っていただける品として定着していくと…
ウレシイです(^^)

というわけで、どこかでみかけたら是非、手にしてみてください。




Comment:0  Trackback:0
back-to-top