FC2ブログ
2018
10.30

朝ごはんコンテスト 結果

Category: 家族
だいぶ前にことになってしまいましたが…
次男くんが決勝進出をはたした「朝ごはんコンテスト」 ですが、
結果は
「最優秀賞」に選んでいただきました。

ブログIMG_2681

当日は小学校の運動会と重なり、先生のご配慮で出る順番を変えるなどしていただき
自分の競技が終わったその足で、汗だくのまま車で私服に着替えてコンテスト会場へ。
審査員がずらりと並ぶ中、大きなストップウォッチとにらめっこで、緊張の表情だった次男くん。
まわりは全員女子だったこともあり、かなりかたまっていました(笑)。

出来上がった料理はしっかり、おとうさんの器に盛り付けました。

まさかの最優秀賞で、本当にびっくりしましたが、
賞金などもいただき、にこにこの次男くんでした。
(小学生の応募は10名くらいだったようですが…(^^) 

せっかくいただいた賞金なので、好きなものを買いに!
さっそく握りしめて、東京は上野の「アメ横」へ。
ブログIMG_2686

実は「レザーマン」というブランドのナイフが、次男くんはずっとほしかったのですが、
なんならネットで簡単に手に入る世の中。
彼もネットで買いたいと言っていたのですが、とってもほしいものを手に入れるのに
こんな小さな頃から実物に触れることもなく買ってしまうようでは、なんだかつまらない。
本物を手にして感じる重さやきらめきを感じて、心にときめくような瞬間を楽しんでほしいと思い、
絶対に買いに行こうと話していました。

そこに、自分で手にした賞金を握りしめて向かうなんて、素晴らしい体験になったことと思います。

この後は、東京のおばあちゃんと一緒に食事をしたりなど
とっても楽しい一日でした。

レシピなどこちらで検索できます。→ 「朝ごはんコンテスト 受賞者レシピ




スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2018
10.13

窯焚きデビュー

Category: 家族
ようやく、窯に火が入りました。

昨夜、窯詰めの終盤。

ブログIMG_2701

今回もあれやこれや、たくさんの器が窯に詰められました。
一緒に詰めながら、だんだんと気持ちが窯焚きにむかって上がっていきます。

今回は珍しく、週末にかけての窯焚き。
そして珍しく週末の予定のないお兄ちゃん、昨夜窯焚きデビューしました(^^)

まだ温度帯の低い「あぶり」の時間帯夜にさしかかり、
ワタシは翌日の窯焚きに備えて睡眠をとらないとならないし、
仮眠の日々だったおとうさんも休ませてあげたいしで、
お兄ちゃんが21時から日付のかわった1時くらいまで、窯の番をつとめました。
15分おきくらいに薪をやんわり、くべる程度なので
家で待機して時間がくると窯へ行くような感じだったので、なんとか頑張れたかな(^-^;

我が家は木々に囲まれた森の中。
あたりの静けさと、暗さといったら、なかなか深いものがあります。
ただでさえ怖がりなお兄ちゃん
「おばけなんて、科学的に言えば存在するはずはないよね」とか
言いながら自分を鼓舞していました。    ←中2男子です(笑)

この地での初窯は、実はお兄ちゃんがお腹にいたころでした。
ようやく、こんなところまできたな~とちょっと感慨深いですね。

さて、本番はこれから。
よりよい器が焼けるよう、ワタシも窯へ向かいます。


Comment:0  Trackback:0
2018
09.21

朝ごはんコンテスト

Category: 家族
夏休みに、次男君が応募した
「おはよう!!朝ごはんコンテスト」 で、200を超す応募総数の中から
書類審査を通過し、決勝調理審査へと進むことになりました(^^)


ブログIMG_0094

タイトル  「まめまめいろどり朝ごはん」

・まめごはん
・いろどりソテー
・塩もみきゅうりの味噌汁
・納豆たまご (→めちゃ旨)
・そえもの
・天然水

どれも簡単なものばかりですが、
我が家みんなの大好きな献立です(^^)

最後の 「天然水」というのは、我が家は井戸水を飲んでいるのですが、
この井戸水は有名な 「南アルプス天然水」と同じ水源なのでとても美味しく、
特に次男はこのお水が大好き!
当日も、この水を持って決勝戦に臨むそうです!!

献立を立てる時にワタシは、お水~??と言って笑いましたが、大反省(>_<)
6年生の男子が一生懸命に考えて、自分で作った自慢の献立です。
当日までには練習を重ねて、心を込めて、お料理を楽しんでもらいたいです!


※めちゃ旨の 「納豆たまご」 は、おとうさん直伝のメニュー。
 <作り方> 
 豚挽とねぎを炒めたところに、納豆を投入し、
 軽く焦げ目がついたら少ほぐして卵を割り入れてざっくりまぜて出来上がり。
 食べる時にはお醤油をかけていただきます。ぜひ、試してみてください。


Comment:0  Trackback:0
2018
08.03

お兄ちゃんのおやつ

Category: 家族
毎日、暑い日が続きます。

夏になると必ず作るのが、「シソジュース」

赤紫蘇を煮出して砂糖、酢を加えてるだけのシンプルなジュースですが
さっぱりしていて美味しくて、子供たちも大好きな味です。

お兄ちゃんのお気に入りのおやつです。
ブログIMG_0005
「シソジュース」 と沖縄波照間で作られた 「かちわり黒砂糖」。

勉強の合間に?
干しあがったばかりの梅干しを食べたり、
塩壺から塩をつまんだり。

ここだけみると、ちょっとタイムスリップな我が家です 笑 。

美味しくて体によいものを食べて、
夏をうまく乗り切りたいですね。


Comment:0  Trackback:0
2018
04.03

漆の箸作り

Category: 家族
春休みに、おとうさんの実家仙台まで帰省してきました。

秋保温泉の近くに、こけしやコマ、仙台箪笥などの文化に触れることのできる
文化村のような場所があり、祖父母やいとこたちと一緒に訪ねたときのこと。

仙台箪笥のお店で檜の材に漆を塗らせていただく箸作りの体験ができると聞いて、
さっそく挑戦することににしました。

ブログIMG_2202

自分の手の大きさにあった長さに切るところから
本物の漆を塗る工程まで、すべて自分で体験させていただきました。
性格がでますよね~お兄ちゃん、丁寧に作業してねー

ブログIMG_2205
兄弟といとこの出来上がった箸。
なんと美しい仕上がり☆

ブログIMG_2221
漆を乾かしてから、数日後に届いたお箸。
さっそく朝ごはんに。ご満悦な次男くんでした~

子供たちの箸といえば、以前も自分たちで作った箸を作っていたのですが、
折れてしまい代用品でずっとすごしてしまっていたので、
(買ってあげると言っても、自分でまた作りたいからいらないと言って…)
とても素敵な箸をつくることが出来てよかったなぁと思っています。

ウチの窯場では普段、体験はほとんど受け付けていませんが、
もう少し体験できる機会があればお客様にも喜んでいただけるかな~なんて
思った一日でした(^^)


ちなみに仙台では、久しぶりにワタシとおとうさんが大大大好きな…
ブログIMG_2198
定義山というところへ、三角揚げを食べに行ってきました。

定義如来様へ精進料理用の豆腐製造するために、明治23年に創業したのが始まりだそうです。  
定義山 「三角揚げ」
三角に揚げた大きな油揚げで、お店によっても味が違うのですが
この日私は4枚食べました~♪まだまだ食べられます。

新年度も頑張れそうな、旅の思い出が沢山になりました。



Comment:0  Trackback:0
back-to-top