2009
08.29

明日から窯焚き

窯焚きも明日から、とせまってきました。
薪窯ではなんといっても「窯詰め」が重要なポイントです。

からっぽの窯に都度、いろいろな高さの棚を作り、
いろいろな大きさの作品を重ねたり、並べたり、ひっくりかえしたりと
様々な置き方をしながら右左、上下と炎の流れを絵に描きます。
その炎の流れが土の上を走るときに器に風景を作ってゆきます。
あらかじめ作品に灰を振っておいて風景を計算したり、なんてことは一切行っていません。
おとうさんと炎との一度きりの真剣勝負が展開されます。


ブログDSCN6033    ブログDSCN6027

「詰め」には頭と時間と使ってじっくり取り組みます。

今頃は最後の窯詰めが行われているころ。
明日の夜明け前には火が入っているかな。
助っ人のNくんや、子守担当のおばあちゃんも明日には到着予定。
おとうさんの実家からも応援物資の美味しいものが届き…
いよいよムードが高まってきました。

さぁて窯焚き、はじまります★


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top