2009
05.12

窯焚きに向けて

4月の展示会が終わってやれやれと一息つく間もなく、
次の窯焚きへ向けてガンガン制作に意欲を燃やすおとうさんの毎日です。
ブログDSCN5229 ブログDSCN5245
(↑次回窯焚きのテーマは「皿」です。)

HACHI-kama展へは、いろいろな方にお越しいただき
本当にありがとうございました。

窯場に来てくださった方々が口を揃えて
「素晴らしいところですね」
と言ってくださり、また
「居心地がよくてのんびりしちゃうね」
などとお話しながらくつろいでくださるのがとても嬉しくて、
この窯場で展示会をすることの意味を感じたりしていました。

カップ一客。
お皿一枚。

どんなものでもそうであるように、
その一つのものが生み出されるまでは、本当に長い道のりがついてまわります。

ウチのうつわも長い道のりを辿りまずはやっとここまで来たかな、という感じです。
それはそのままおとうさんのストーリーでもあるのですが、
そんな話を少しずつこのブログでご紹介できたらと思い、連載
「窯八の来た道」
を始めたいと思っています。
こればかりは私には語りきれないので、おとうさんの手と気持ちが空いたときに
少しずつ話してもらおうかと思っています。

どうぞご期待ください。
…おとうさんがあくのはいつになるかな?
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/100-baa8a170
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top