2010
06.24

おとうさんの悩み

到着しました!
丸太をごっそり積んだトラックが。
ブログRIMG0010  ブログRIMG0014


ウチにとっては大変に有難いことに
この頃はあちこちから
「赤松あるんだけど」
と声をかけてもらいます。
(しかも今日は運んでもらってしまいました)

焼き締めの器を焼くためになくてはならない赤松の薪。
窯場を作るのを山梨の地に選んだのもこの赤松が
手に入り易いというのが一番の理由でした。
甲斐あって、丸太の確保にはそれほど苦労はしないものの
それを薪にするまでがやはり長い道のり。

実は今、窯場に転がっている丸太が半ば飽和状態で
薪作りが全然追いついていないのが現状。
おとうさんの深い悩みだったりします。

丸太を運び、切り、薪に割ってゆく作業は
相当、汗だらだらもの。
なのに割っても割ってもまだいくらでも割らなくてはならない丸太がある…
ホント贅沢なんですけど、正直キツイです(笑)
梅雨の合間をみて丸太と格闘する日々が続きそうです。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/191-2ff7327e
トラックバック
コメント
薪割りにいきましょうか?
片っ端から、全部割りますよ。

なんか、こう心のモヤモヤをすっきりさせたいと思っていたものですから。
papadot 2010.06.24 19:43 | 編集
普段何気なく使ってる食器にも、出来上がるまでいっぱいの苦労があるのですね。ってうちでは大量生産工場物の食器ばかりですが。丸太ゴロゴロ迫力ですね。
まーくんdot 2010.06.25 17:32 | 編集
papaさん

ぜひお願いしたいですね(笑)
ついでにトラ会ですっきり?っていうのも
ありですかね~

HACHI-YAdot 2010.06.27 07:06 | 編集
まーくん さん

苦労の色々はモノ作りには
かなり共通ですよね。
それもひっくるめて、結局は「好き」
なんでしょうね(笑)
HACHI-YAdot 2010.06.27 07:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top