2008
09.12

写真で綴る 窯焚き日記

朝ごはんには間に合わなかったけど
今朝9時ころ、焚口を閉じ、窯焚きを終了しました。

おとうさん曰く、何度焚いてもイロイロ…な窯焚きだそうですが、
今回の窯焚きは子供も少し大きくなって(少なくとも抱っこしていなくてよい)
私(やきもの屋の妻)にとってはなかなか楽しい数日でした。
ブログを読んでくださっているご近所のMさんにばったりお会いしたら
「顔、焼けているね~」(笑)

9月8日  窯焚き2日目
まだまだ余裕の窯焚き。秋の風が心地よく、窯があたたかく感じられるくらい。
ブログDSCN1862

9月9日  窯焚き3日目
家に帰れないおとうさんに会いに、子供たちが窯場へ遊びにきました。
薪置き場から軽トラに薪を運びいれ、立派にお手伝い!
ご褒美に大好きな「とうさんブーブー(軽トラ)」に乗せてもらいご満悦♪
ブログDSCN1868 ブログDSCN1887

9月10日 窯焚き4日目
あついよー
10分おき程度に薪をくべる。煙や炎をみて薪をくべるタイミングをはかる中、
すかさずポーズ!この鉄の扉を開けると炎がふいてくる。
ブログDSCN1934

ブログDSCN1922
↑これも私。ホント誰だかわからないですね(笑)

見本のぐいのみを取り出す。
よくよく燃えている窯の中から長い鉄の棒でうつわを取り出すこの作業。
落っこちそうで絶対に落とさない!さすが、おとうさん!!です。
ブログDSCN1910 ブログDSCN1912 ブログDSCN1915
灰の溶け具合などチェックして、この後の焚き方を練る。

9月11日  窯焚き5日目
窯の温度もいよいよ佳境を迎える。
炎が前から煙突から噴出し、かなりの迫力。
あとすこし頑張って。窯と、そしておとうさん。
ブログDSCN1900
9月12日  窯焚き終了
焚き口を耐火レンガをモルタルでふさいで5日程度このまま冷まして後、窯を開ける。
ブログDSCN1947
ワタシ?ポーズだけです(笑)

今夜は、見本に取り出したぐいのみでおとうさんと一杯飲もうかな。
ブログDSCN1954


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/24-5461b0db
トラックバック
コメント
窯焚きお疲れさまでした。
炎の吹き出す中、薪を入れる作業のコメントにははらはらしました。
今回も急須などまた新たなチャレンジがあるようなので
どんな仕上がりなのかとても楽しみです。
まずは窯を開けるまでゆっくり疲れを癒してください。
ひろ&ゆきdot 2008.09.15 22:54 | 編集
ひろ&ゆき さん

あたたかいコメントありがとうございます。
たっぷり休養したので、またリフレッシュして
がんばります!
窯出しした新作、少しずつアップしてゆきますので
またブログをチェックしてくさいね!
HACHI-YAdot 2008.09.18 14:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top