2011
05.31

まつりのあと

Category: その他
「クラフトフェアまつもと」が終わりました。
いろいろな気持ちが入り混じり、すぐには消化しきれない
といった感じです。

当日朝。
各工房さんが次々に搬入し、準備が始まりました。
出展作家さんたちの自信にあふれた佇まい。
入念な、工夫された展示(そして雨仕舞も)。
ゆったりした余裕を感じる雰囲気。

急に、自分たちがとてもちっぽけで
なんだか全然冴えてないように見えてきて、
気持ちが凍りつくような感じがしてきました。
(といってもパニックになっていたのは私だけです。
おとうさんはそんな私を笑いとばしていました。)

今にも降り出しそうな重たげな曇り空と、
開始時間よりずっと早くから並んでるお客さんの姿になおさら焦りが増してきて、
思い出すと自分でも笑ってしまうほどの気弱な自分がいました。

少しずつお客さんがウチの器の前で足を止めてくれ、
買い求めてくれるお客さんが増えてきてようやく、ようやく
気持ちが落ち着いてきました。
お客さまの中にはこのブログを見て来てくださった方が何組もいらして
とても励まされました。本当にありがとうございました。

初日はそんなこんなで緊張しまくりでしたが
多くのお客さんに見ていただくことができてまずまず、だったかと思います。

ですが!二日目は予報通りとはいえかなりの悪天候。
どしゃぶりの会場はぐちゃぐちゃの水溜り。
本当に気持ちがキツかったです(涙)。寒かったし。
今日のこの晴天が恨めしい…

このイベント中の写真が一枚もない!というだけでも自分の
緊張、混乱、落胆ぶりがわかります。

まとめ
「楽しんできたい」とワクワクしていましたが、
そんな余裕はなかったというのが本音です。
ただ、大きなイベントに出展させてもらったことで学ぶことが
たくさん、たくさん、本当に沢山ありました。
そして何より、全国からお越しいただいたあちらこちらの客さんの家で
窯八の器を使っていただけることを心より嬉しく思っています。
これからもしっかりと自信のもてる器を作っていきたいと思います。     以上!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/252-e4502f47
トラックバック
コメント
「クラフトフェアまつもと」で、窯八さんの急須に出会いました。
洗練されたおしゃれな急須を探して、2日間あがたの森をぐるぐる回っていました。
窯八さんのことは会場で初めて知りました。
自分の求めているイメージと違って素朴な感じだし、
はじめは全然ピンときませんでした。
二日目の雨の中でしたが、奥さまが、親切に、愛情こめて窯八の器について語ってくださったのが妙に心に残って、
他のお店を見てもなーんか窯八さんの急須が心にひっかかって、
自分でも気に入ってるのか半信半疑だけど、
でもどうしても窯八さんの急須以外考えられなくなって、思い切って家に連れて帰ってきました。

あれから毎日、お茶どころの静岡で、
私の大好きなお茶の時間がさらに豊かになりました。
「使い続けるうちに色もつやもよくなって味が出てくる」とおっしゃっていた言葉どおり、
どんどんいい感じになって眺めるのも楽しいです。
本当に大好きな急須になりました。

このブログで「ひだりうま」についてわかり、
うちの急須にも刻印があるのに感動し、
いいご縁をいただいたことをうれしく思っています。

大切に使わせていただきます。


takkadot 2011.07.20 23:41 | 編集
takkaさん

「クラフトフェアまつもと」からもうすぐ二ヵ月がたとうとしています。あの時も台風で大変でしたね!

窯八の急須について嬉しいコメントをお寄せいただきまして、ありがとうございました。急須も気に入っていただけたとのコメント、窯八冥利につきます!

初窯に際しては、窯作りから作品制作、窯焚きまで本当に大変でしたがそれでも主人がとにかく一生懸命に作った器たちに刻印がなされています。こうして新たなご縁につながったこと、嬉しく思います。末永くご愛用いただければなお幸いです。

機会がございましたら是非窯場へもおでかけください。
こちらこそ、本当にありがとうございました!
HACHI-YAdot 2011.07.22 06:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top