2011
06.22

やっぱり薪割り

ゆっくりした時間がすごせると思っていたのも束の間。
ここ一週間はやっぱり薪割りの毎日でした。
とにかく割って割って、積んで積んで、すぐまた割って…
こうやって薪を充分に乾かしてやらないと窯焚きには使えません。

冬の間に窯作りに時間をとられ、どうしても手をつけられなかった丸太は
予想以上に傷んでいて皮がぐちゃぐちゃ、虫だらけ…のような状態のものもあり、
一刻も早く救出してあげないといけない状況でした。
丸太と格闘する日々。
私もプツンときれて「おりゃー」と叫ぶこともしばしば…(笑)


休日には子供たちと公園に行く約束だったのも薪割り大会に変更。
ブログDSCN4043 ブログDSCN4047

おとうさんの手ぬぐいを頭にまいてもらった長男にカメラを向けると照れて
「ブログに載せないでよ!」
とあっちむいてしまいましたが、似合っていたので載せちゃいました(親ばか)

窯場には積み上げられた薪の列がそこらじゅうに並び、
おとうさんもようやく気持ちが落ち着いた様子。

次回9月初めに予定している窯焚きにむけて
ピカピカのおひさまと八ヶ岳から吹く風に乾かしてもらいます。
よろしくお願いします、という気持ちです。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/257-33a3240c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top