2012
03.21

山梨→東京

Category: イベント
3月8日から始まりました「大橋 睦 陶展」も
いよいよ今日が最終日となりました。
本当に多くの方にお越しいただきました。
心より感謝いたします。

ブログDSCN7400
ギャラリーのオーナーは建築士さん。
器のぜんぶをみて展示を一緒に作ってくださいました。

ブログDSCN7403

      ブログDSCN7410     ブログDSCN7407

ブログDSCN7409

普段のイベントでの展示はどちらかというとざっくりした、
使い込んだ風合いの展示台に馴染むような、温かみのある雰囲気をだしてきていましたが、
今回のように真っ白なシャープな線のなかにキリリとたっている器たちもまたモダンで、
器の色やラインが美しく見えました。

一番お客様の関心があったのは「ワインカップ」だったでしょうか。
ブログDSCN7415

「これでワイン飲むの?」
ですよね。私も最初はピンときませんでした(笑)。でもワインと器の関係は
このブログではお話してきた通りで、そんなお話をしていると試してみたい、と
言ってくださるお客様も多く、早くに完売となってしまいました。
自由が丘はワインの聖地なのだそうですね、そんなことも関係していたのかな?

このブログを読んでくださっている方もとても多く、嬉しく思いました。
みなさん口をそろえて「お子さんたち大丈夫?おとうさん料理まで作るの、マメねぇ~!」
と心配してくださいました(笑)。
でも男3人、けっこう楽しくやっていたようです…
ということでワタシも安心して、久々の東京生活を楽しませてもらいました♪

山梨での生活も長くなり、自然のなかでゆったりな毎日に慣れていましたが、
やはり30年間暮らしてきた東京での毎日は刺激的でちょっと焦る気持ちにもなりました。
美術展の案内看板を見るだけでも、どこか忘れていた気持ちを思い出したり。
洒落ていて美味しいお店も、山梨とはまた違う種類のもの。
ブログDSCN7422
学生時代の友人たちと食事をしたレストランcarta-biancaの前菜。
自家製生ハムを右の茶匙(素材は鉄ぽい)でいただくというもの。
なんで茶匙で食べるの~?と口にしてみるとヒラッとした感じが伝わってきたかも(笑)。

通勤電車では本が読めるし!電車の乗り降りなど歩くことが多いのも実は山梨では忘れていること。

感じることのあまりの多さに、それがまた新鮮だった数日間でした。

感じたこといろいろ、続きはまた次回に。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/303-35f3affa
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top