2012
08.15

THE 七輪陶芸

Category: イベント
夏がまだ始まる前、ある日の工房で。

ブログDSCN8551  ブログDSCN8554

なんだかいい形。
何作ってんのー?と私の問いかけに
「むふふふふ…」
と不思議な笑みを浮かべるおとうさん。果たして?

実は「七輪」を作っていました。
この七輪を使って前からやってみたかった七輪陶芸のイベントを行いました。
仲良しの畑山農場さんから話をいただいて、畑の体験とあわせて「土と触れ合う」という
テーマのもとに親子さん十数組に集まっていただきました。

ブログDSCN8721 ブログDSCN8734
どんなこと、やるのかな。
子供たちの目は好奇心でいっぱい!

机にくっつかないように葉っぱを広げて粘土をこねて
小皿を作ってもらいました。
思い思い、それぞれ楽しそう!

少し強引に一日で乾燥させ翌日にいよいよ七輪の登場!
ブログDSCN8744    ブログDSCN8748

まずは蓋をして空気を送り込み、ぐんぐん温度を上げて蒸し焼き状態にします。(写真左)
その後は上部の蓋をはずして炭のなかにもぐりこませたり、網で焦げ目をしっかりつけたり。
土本来の土味を出すということでは窯八とおんなじ「焼きしめ」の完成です!
なかなか味わい深い作品群が誕生しました。

目の前で楽しそうな子供たちの顔が見られるのも嬉しいことです。
外のイベントでワークショップとしてできないかな~?
実際「土が焼けていく」というのはなかなか体感できることではないと思いますので
またどこかのイベントでできたらと思っています。
でも(写真はあえてのせませんでしたが)短時間の勝負だけにおとうさんはかなりの汗だく…
お疲れ様でした★

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/328-6df4efdb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top