2012
09.04

火が入りました

窯詰め3日目の昨日。
着々と進んでいきました。

ブログDSCN9039
おとうさんの頭には新品の手ぬぐい。
よくみると「やかん」。
先日家族で遠野に出かけた際見つけた南部鉄器柄の手ぬぐいなんですよー。
ギュッと気持ちを引き締めています。

ブログDSCN9044
おとうさんの作品としては殆ど見かけない、何かを模した形の作品。
「蓮」。
先日もお話しました9月21日からの展示会ではwaterがテーマなので
相方の空翠(くうすい)さんが「蓮なんかあったらいいね~」と話していたところから
頭を悩ませながらあれこれ作っていました。
別のジャンルの作家さん(空翠さんはシルバー作家さんであり、山野草作家さんであり、
きこりまでやっている方です)と一緒に展示会する楽しさですよね。
ちなみに、この蓮には銀細工の生き物をのせてもらう予定。

それと今回は引き出物のご注文もいただいています。
ブログDSCN9042
選んでいただいたのは、ふたつのぐいのみのセット。
左側のぐいのみは窯のやや後で、右側の面取りぐいのみは窯の最前列で焼きます。

ブログDSCN9035 ブログDSCN9059
ずらりと並んだ乾燥中面取りぐいのみ(写真左)を、窯の最前列に詰めるとこんな感じ(写真右)
いい顔に焼けるよう、頑張ります!

ブログDSCN9056

夜まで窯詰めは続き、無事に火が入りました。
いよいよ、窯焚き。
何よりもおとうさんが楽しみにしている、この瞬間のためにすべてをかけている窯焚き。
薪と一緒に気持ちも燃えていきます!

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/331-7b4654e6
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2012.09.04 12:53 | 編集
クレソンパパさん

応援ありがとうございます!
焼き上がった器たちに是非会いにきてくださいね!
HACHIーYAdot 2012.09.04 20:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top