2013
01.16

窯焚きまで、あと数日

こんなタイトルをつけると、おとうさんの心臓がチクっとするかと思いますが(笑)
でもあと数日です。

ブログDSCN2252 ブログDSCN2379
乾燥中の酒器いろいろ

ブログDSCN2263 ブログDSCN2258

窯焚き前のいつもの工房。
そして、いつもの作業服(笑)。

ある日友人がこのぼろぼろの作業服について
「全然ボロじゃないよ。 あの服にはむっちゃん(おとうさんは睦といいます)の
 汗と涙と頑張っているそのすべてがつまっているんだよ」
と語ってくれました。

本当にこればかり着ている、ブログでも数年おなじみ?の作業服。
半ば強引に私が新しい服も買ってきてみるのですが、
なんのかんのやっぱりこれを着ている。
子供がおとうさんの似顔絵を描くと、絶対にこの作業服になるなっていう感じですが(笑)
そんなおとうさんの作業風景も、あと数日で窯焚きの風景に変わります。

窯詰めはあさって18日からはじめ、火入れは21日の予定(すこーし、遅れるかも)。

ブログDSCN2363 ブログDSCN2381

あたりは真っ白。
どんな窯焚きになるでしょう。

窯出し後のイベントのお知らせです。
2月9日(土)~17日(日)  山梨銘醸「七賢」蔵開きクラフト展
 9:30~16:00

毎年恒例となりました新酒とコラボレーションのクラフト展示会です。
今回も今から窯に入る、焼き上がったばかりの酒器を沢山展示する予定ですので、
是非お越しください。

2月17日(日)   こぴの庭  島村邸にて
こちらも夏・冬と参加させていただき、すっかりおなじみとなりました。
2月のこぴの庭では毎年おとうさんと子供たちで「味噌作り」にも参加しています。

どちらも詳細はまた改めてご案内させていただきます。

2月の窯焚きはいつも酒器を沢山焼きます。
人気の片口やぐいのみも沢山出来上がっていました。
窯焚きが終わったら、ゆっくりと旨いお酒が飲みたいですね、おとうさん!

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/352-fce4bf95
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top