2013
03.24

窯八の、 家6

家作り、少しずつ、少しずーつ進んでいます。

ヒノキの柱や赤松の太い梁に囲まれた家の中はとってもいい気持ち。
文字通り、どこか「気」の流れが違っているのを感じます。

ブログDSCN2947

ここからしばらくは外壁の塗装です。
ブログDSCN2955
この「ウッドロングエコ」という粉を水に溶いて刷毛でぬっていきます。
これは北欧のきこりが昔からつかってきたハーブの一種?で、いわゆる塗料ではなく
木に反応して木の色を変え、なおかつ木の壁を雨風から守ってくれるというようなもの。
この一袋で外壁全体が塗れるそうです。

ブログDSCN3065  ブログDSCN3064
外壁には杉板を使います。塗装前(左)と塗装後。(塗装は2回重ね塗りしました。)
なるほど、なかなかいい感じ。

ブログDSCN3070  ブログDSCN3082

ブログDSCN3085  ブログDSCN3096

ということで、みんなで塗装大会の始まりです。
塗っても塗っても、なかなかはかどらないね(笑)
300枚以上はあるんだけれどこの日できたのは、んー40枚未満??

ブログDSCN3101
でもがんばってくれました。疲れ切ってる二人(笑)。お疲れさま。

実際には雑巾を液につけてザバーっと塗る方法が早い。
ワタシはその方法で、日々枚数をかせいでいます(笑)!
でもおとうさんは
「雑巾で拭いていくより、刷毛で塗って行く方が楽しい」
だそうです。わかるけどね。

さて。
暖かくなり、窯場にもお客さんが訪れてくれるようになってきました。
今日は東京から卒業旅行で来られたという大学院生ご一行様がご来窯!
ネットで見つけてくださったそうで、お若いのにわざわざ「焼締めの器の窯場」を
訪ねてきてくださりビックリしました。
みなさん礼儀正しく興味津々で、いろいろ見て触って購入してくださいました。
「器がいいと食事がぜんぜん違う」
なんておっしゃっていました。スゴイっ!

春ですね。
建築中の窯場へお気軽に足をのばしてください!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/366-f8020903
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top