2013
10.10

窯八の、家 10

先日、玄関のドアの寸法をあたりに職人さんが来てくれました。
木の扉を、職人さんが家にあわせて作ってくださいます。

ブログDSCN4702   ブログDSCN4711

手書きのスケッチ。
大きな、ひのきの扉ができそうです。

扉の取っ手には、縦型の木製のものをつけてほしいと考えていました。
そうしたら工務店の社長が
「ここの敷地に生えている木なんて使ったら面白いよね」
なんて言ってくれました。

なるほどぉ~!なんて楽しい考えでしょう!!
でも

「伐採して乾燥させないとならないから、今からだとちょっと難しかなかな~?」
と職人さん。

するとおとうさんが
「あ、乾燥した木ならあるんですけ…、見ていただけますか?」

ブログDSCN4715   ブログDSCN4717

そういえば窯場にずっとあった細めの木々。
おとうさんが、家作りのために伐採した木の中でもまっすぐでキレイな木は
何かに使えるのでは、と思ってずっと乾燥させていたとのこと…
すごぉ~いっ!!おとうさん★素敵★★

ブログDSCN4725   ブログDSCN4723

山桜の木。
太さはいろいろ。
できるだけまっすぐな部分だけをつかって。
握った感じもしっくりきています。

ブログDSCN4730

そして決まりました。
ドアの外側にはおとうさんの握っている山桜。
内側には職人さんの握っている…木の名前はわかりません(笑)。

一年ほどかけて窯焚きの煙でいぶされた、木々。
そんな取っ手を握って扉を開ける毎日なんて、ちょっと楽しすぎます。

できあがりが、楽しみです。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/395-c03bee4e
トラックバック
コメント
ご無沙汰してます。順調に家づくり進んでいるようですね!いつか窯場でゆっくりお酒を飲みながら過ごしたいです。12月のタビゼンさんのツアーにもOBとして申し込みしました^^
たまdot 2013.10.10 20:40 | 編集
たまさん

ホントに御無沙汰です♪お元気ですか?

そのうちご招待できる日もくるかと思いますので(笑)…
もうしばらくお待ちください!

12月のツアーではおとうさんは勿論参加します!
残りの窯八一家はお迎えで伺えたらと思っています。
HACHI-YAdot 2013.10.11 20:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top