2008
11.07

窯屋根工事 着工

この土地に築窯して4年半になりますが、
当初「仮」のつもりでおとうさんが作った窯屋根が、
今日までこんなに頑張ってくれるとは思っていませんでした。

いつ崩壊するか相当心配な状態で
猿が窯屋根の上をキャッキャと遊びにくるとパチンコで追い払い、
台風がくると風で飛ばされはしないかハラハラし、
窯を焚いている最中には上から屋根が落ちてこないか見上げたりして、
なんとか今日まで過ごしてきました(笑)。

そんな心配の種だった窯屋根の工事をやっと始めることができました。
カラマツの丸太で軸を作ります。
このカラマツは夏のあいだにおとうさんと私とテコ一本!を駆使して
皮をむき、転がし、並べて乾かしておいたものです。
職人さんによく品定めをしてもらい、手際よく寸法にカットしてもらいます。
ブログDSCN2690
本当はおとうさんが自分の手で作りたいと言っていた窯屋根。
でも幸か不幸か本業の方がだいぶ忙しくなり、「屋根を作っている暇などないでしょ!」と
私に説得されて工房を建ててもらったA工務店さんにお願いすることに。
窯八が追加注文できるほど成長?したことをA工務店さんも非常に喜んでくれました★
「今だから言うけんど、あの時はこんな工房建てちまって大丈夫なのか心配しとった~」と
本音をもらしていたりして。笑い話になってよかったデス。
さぁ、はじまります!
ブログDSCN2288
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/45-0257c187
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top