2015
03.12

窯八とうさん日記⑥

お邪魔します、窯とうさんです。

窯から出しました。


今回の窯焚きでは「水分」を大きなテーマにしました。
火と水、相反するものです。

昔から
「梅雨や台風の湿気の多い時の窯焚きは温度が上げ難いが良い焼きになる」
と言われていました。
この話に以前から興味があり、
水に浸けた薪を使ったり窯に水をかけたりしたことがあります。

しかし、どうもよく判らない…。

そこで今回、思いきって乾かしていない湿った薪を大量に使ってみることにしました。

果たして結果は…!?

面白い効果があったようです。
が、湿った薪を燃やすための空気の取り入れに問題があるようです。
そして、燃え難い薪の炎を上手く通してやる窯詰め方法にもまだまだ改善点がありそうです。

今回、詰め方・焚き方その他全てのことが一体で絡みあっていることを改めて認識できました。
ひとつ確認できればその何倍も疑問点が出てきます。
だから楽しく止められない窯焚きです。


ブログ20150311_114930

ブログ20150311_114626(0)


☆窯八HPがリニューアルしました☆
http://www001.upp.so-net.ne.jp/hachiya/

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/474-7231ac6e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top