2017
09.06

夜が始まるころ

窯焚き2日半が過ぎました。
順調です(^ ^)

丸4日間、おとうさんとワタシと交代で窯の番をしているので
10時間以上、窯に張り付いて時間を過ごすことに。
その時間の長いやら、短いやら‥

窯とだけ向き合いながら
ずっと外の空気を感じて過ごす、
なかなか非日常な時間。
すぐ脇を流れる沢の音や、風の質感、
雲の色合いの移り変わりなんかを感じながら、ふと
少しだけ自然に溶け込んだ気持ちになったり。
心地よいものです(^ ^)

夜が始まるころ。
もうすぐ、おとうさんと交代の時間。
ブログIMG_1409
手前が、薪をくべる部分。奥が煙が出ている部分。

夜中、ひとり、ここで窯と一緒に過ごす時間は
どんなものなのかな、と興味はあるけれど
ワタシには、やはり、怖い。
ここからは、おとうさんにお任せします(笑)

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/609-2cdf377e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top