2009
03.12

窯焚き日記 2009春③

窯焚きも4日目に入りました。
温度は順調にあがっているようです。
おとうさん、おはようございます!
ブログDSCN3962
昨夜はずいぶん風が強くて寒かったご様子、お疲れ様でした~

さて私の当番。温度は1150度ほど。でもまだ余裕です!
ブログDSCN3941 ブログDSCN3965

前回は夏の終わりも窯焚きだったので服装も薄く、炎が肌につきささるようで
本当に熱くて薪をくべるのが大変だったのですが、なるほど今回は
はじめから厚着しているうえ外気温は寒いので「あったかく」感じられるんですね。
余裕なわけです。

子どもたちがおとうさんに会いに、窯場にやってきました。
でも、長男は照れておとうさんに近寄りません。
だっこされている次男もよそよそしかったりして…
ブログDSCN3945
「喜んでるの、オレだけ?」
とちょっぴり切ないおとうさんでした。(笑)

「いろみ」を窯の中から取り出します。
いわばサンプルのようなもので焼きの具合をみるためのものです。
このいろみで次の手を考えます。
ブログDSCN3967
粉引(こひき)の白い部分が結構溶けています。
さーて、どうしましょう。おとうさん?


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hachiya88.blog43.fc2.com/tb.php/85-36694cd8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top