2016
04.19

美味しいお店のご紹介

Category: ウチの器
このあたりは、
体に良いもの、美味しいもの、こだわりのあるもの…等々を扱う
素敵なお店が数多くあります。

最近ウチの器を使っていただけるお店も、少しずつ増えて来て
とても嬉しく思っています。
その中でも、今日は老舗の美味しいお店を二軒ご紹介します!

一軒目は 長坂のおそば店「翁(おきな)0551-32-5405」さん。
ブログIMG_0177

ブログIMG_0014


ブログIMG_0018

田舎そばがとても美味しくて、県内外を問わず駐車場はいつもいっぱいの大人気店。
そばはもちろんですが、
そばの実尽くしの繊細で味わい深いお料理はお酒にもぴったりで( ^)o(^ )
ふだん昼間から飲むことは滅多にないおとうさんも、
この時ばかりは…美味しそうにいただいていました。

もう一軒は、こちらも老舗中の老舗カレー店 「AFGHAN(アフガン)0551-38-3148」さん。
こちらもシーズンには行列で数時間待ちは当たりまえ、の大人気店です。

ブログIMG_0164

ブログIMG_0170
おとうさん、オーナーさんと器&カレー談義

ブログIMG_0171
オリジナルで作らせていただいた、カレー壺です。

ブログIMG_0172
さっそく、人気メニューのベーコンカレーにあわせて。
お客様にも、とても使いやすいと言っていただきました(*^^)v

ウチの器で、お店の味をいただくのは
とっても嬉しい気持ちになります。
(おとうさんは、少し恥ずかしいようですが 笑 )

おでかけシーズン到来ですので、
(待ち時間を覚悟で!)ぜひ足をのばしてみてください。
その際には窯八の器もぜひ、チェックしてみてくださいね!

Comment:2  Trackback:0
2016
04.13

新作 コーヒーポット

Category: ウチの器
ポットは窯八の器でも人気アイテムです。

お茶を入れるための急須として。
紅茶のポットとして。
コーヒーのポットとして、等々。

今回新作のポットは、
「1~2人用のコーヒーを入れるためのポット」

というかなり限定された作りのポットです。

ブログIMG_0531

サイズが小さいのと、中についている茶こしが
通常のポットについているものより簡単な穴しかあけていないという点が特徴で
その分デザイン的にもとてもシンプルになっています。

ウチではコーヒーをたっぷり飲むので、
大きめのポットに毎朝たっぷりコーヒーをおとします。
ですが、1~2人用のサイズが欲しいお客様も多い!ということがわかり
今回のポットが出来上がりました。

22日からはじまる cafeくじらぐもさんでの展示会でも
初お目見えいたします。


よい出会いがあると嬉しいです☆

ちなみにこちらの、急須はお客様から修理でお預かりしたモノです。
口元をちょこっと、修理させてもらいました。
ブログIMG_0526
番茶を入れて使ってくださっているそうで、
色艶が美しく変化しているのに受け取った時に驚きました。

焼き締めのポット(急須)は使っていると、色艶がよくなるのは我が家でも実証済ですが、
中に入れるものでまた、色合いがこんなにかわるんだな~と実感。
面白い!


Comment:0  Trackback:0
2015
11.17

うめぼし壺

Category: ウチの器
このあたりは、米どころ。
(武川米もしくは梨北米という名前で販売されています。)
一面黄金に輝いていた田んぼから新米が届き
毎日美味しくいただいています。

今日は玄米ごはん。

ブログIMG_0121  


玄米には、なんといっても梅干しが一番よく合います。

 ブログIMG_0069
 塩壺  7㎝×h7㎝ (3,500円 /スプーン付き4,000円)


おなじみ塩壺ですが、これは一番小さいサイズ。
塩を入れて食卓に置くのにちょうどよい感じかな~と思っていましたが、
梅干しを入れていますよ、というお話しもよく伺います(#^.^#)
ということで、ウチでもやってみました。
毎朝、梅干しは欠かさず食卓にあるので、すっかり手にも馴染んできました。

おかげさまでこのサイズあたりのチビ塩壺は人気があるので
今度の窯焚きに向けては少し多めに作っています。
デザイン違いもお目見えの予定です!

☆12月5日(土)~8日(火)まで、窯場で今年最後の展示会を行いますので
  ぜひ、おでかけくださいね。(詳細は改めてご案内します)

おとうさんも、窯焚きに向けて大詰めです。
仕上げ途中でいねむりしてしまうこともしばしば…だそうですが
手元から落とさないようにだけ、気を付けてほしいです(^-^;


Comment:0  Trackback:0
2015
10.07

おいしい秋、器と一緒に

Category: ウチの器
朝晩めっきり涼しくなりました。

ずっと忙しかった我が家も、少し時間ができるようになりました。

久しぶりに、おとうさんとランチへ。
行ったのはいつも大人気の「キッチン オハナ」。
オーナーさんはウチのおとうさんと呑み仲間だったりもします^ - ^

繊細な盛りつけは、相変わらずとても美しかったです。
素材はすべてお野菜、のマクロビオティックが基本のお料理。
久しぶりにいただいたお料理は、味わいもいっそう進化していて本当に美味しかった☆
頑張っているオハナご夫婦に、ウチも刺激をいただきました。

ブログIMG_0023

写真左端の、玄米ごはんを盛りつけていただいているのは窯八の 茶碗♪

ブログIMG_0027

縁側でたっぷり、秋の陽射しも味わいながら、大満足のおひるごはんでした。


こちらは、いつもウチの器をお求めくださる、都内在住のお客様からいただいたお写真。
いい感じー! まるでお宿のごはんみたい!!
 
ブログ2015092911550000
「ある日のお昼ごはん」
インゲンのごま和え、豚肉と茄子の味噌炒め、枝豆、ゆで卵、そしておにぎり。

ワタシと同年代のママさんで、とっても素敵なお母様とご一緒に
夏のマルシェにいつも遊びに来てくださいます。
お気に入りを傍に置きながら、気持ちのこもった丁寧な毎日が伺えます。
ウチと年も近いお子さんが3人もいらっしゃるのに、スゴイなぁ。


ブログ2015092709510000
こちらはお馴染み「ワイン碗」ですが、
温かい甘酒をあわせていらっしゃるそうです。これからの季節にもぴったりですね。
実はワタシも真似してます(笑)。

Mさん、お写真どうもありがとうございました。


家で過ごす時間が増えていく季節ですね。
美味しい食事と一緒に、窯八の器も楽しんでいただけると嬉しいです(*^^)v

10月16日(金)~18日(日)は、恒例の「台ケ原宿市」もありますので、
いろんな美味しいもの、楽しいものを探しに、どうぞ遊びにいらしてください!
(詳細はまたご案内します)



Comment:0  Trackback:0
2014
06.12

ポットのある風景

Category: ウチの器
我が家では、おとうさんもワタシも大のコーヒー党。
コーヒーは毎朝、おとうさんが淹れてくれます。

欠かせないのがポット。
ここ6~7年くらいはウィリアム・モリス柄のポットを使っていました。

ブログDSCN6284

たぶん、おとうさんの好みではなかったと思いますけど(笑)。

新しい家での生活は
少し前に作ったけれど売れずに残っている、
でもおとうさんもワタシも実は気に入っている、
このポットを使うことにしました。

ブログDSCN6266

今、メインで作っている面取りの軽ろやかな形状のものとは違い、
重くて固い感じのポットです。

ブログDSCN6278
朝の風景。
今日もまた、静かにそして確実に、一日が始まる感じ。

ブログDSCN6279

まだ、断熱材むきだしのリビングですが、
コーヒー片手にお気に入りのソファーでくつろぐ時間は、
なかなか憩いの空間です。

ポットは紅茶やお茶を淹れる用途で購入してくださる方も多くいらっしゃいます。
(中には、用途別に複数お買い求めくださる方もいらっしゃいます)
用途はなんであれ、窯八のポットは使いう続けるうちに色艶が
ぐっとよくなってきます。

おとうさんの仕事場で使っているポットは
泥んこや、コーヒーにまみれて?
ほんと、いい色になってきています(笑)  こんな感じに。
ブログDSCN8134


最近よく作っている「面取りポット」、というのはこんな感じ。
取っ手部分のデザインも人気があります。
ブログDSCN7286


そして、それとは別にワタシが個人的にずっと憧れているのは、
ロイヤルコペンハーゲンのポット。
シュガーポットとミルクピッチャーはずっと前から持っているのだけれど。
なんとなく、ポットの購入にいたっていないのはなぜでしょう??
ブログDSCN6286
(ミルクピッチャーは目下、引っ越しの荷物に紛れて行方不明中)

ポットのある風景、楽しいですよね。

次窯焚きは7月はじめ。
ポットもたくさん焼きます!
そのあと7月に、窯場で「HACHI-kama展」も予定していますので
よかったら「窯八のポット」を見に来てくださいね。
(結局、宣伝で終わってしまいました~)



Comment:0  Trackback:0
back-to-top